アライブ がん専門医のカルテ(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

フジテレビ、2020年1月期放送ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の見逃し配信フル動画を無料で見る方法や出演者情報などについてご紹介します。

このページでは、最新話のあらすじ、予告動画を随時更新しており、まとめてチェックが可能です!

要点まとめ
  1. ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』を見逃しフル視聴を無料で見るならFODプレミアム!
  2. 2週間無料トライアルを体験するには?
  3. ドラマ情報詳細、あらすじ、出演キャスト一覧
  4. 他ドラマ情報一覧

アライブ がん専門医のカルテの見逃し動画を無料で見る方法

アライブ がん専門医のカルテを第1話から全話を視聴するにはVOD配信サービスFODプレミアムで無料視聴して楽しむことができます。

アライブ がん専門医のカルテの見逃し動画を無料で見るならFODプレミアム!

調査してみたところ、アライブ がん専門医のカルテはFODにて独占配信中のため他VOD配信サービスでの配信はありませんでした。

下記、各動画サービス配信情報です。

動画配信サービス 見逃し配信
FODプレミアム
見放題視聴
Hulu ×
Paravi ×
U-NEXT ×
Amazon Prime video ×
dTV ×
 AMEBA ×

FODプレミアムとは?(料金、無料期間など)

  • 初回限定の14日間無料期間
  • 最新から80年代の名作人気ドラマまで配信
  • 100冊子以上、雑誌読み放題
  • 個別課金作品に使えるポイントが最大1300円プレゼント
 無料期間 14日間(2週間)
無料期間中の解約 可能
月額料金 977円(税込)
ダウンロード機能 ×
個別課金作品
雑誌読み放題
マンガ読み放題 △一部無料作品あり

FODで配信中のドラマ作品(一部)

下記の作品は全話見放題で視聴可能です。

  • Dr.コトー診療所
  • チーム・バチスタの栄光
  • 医龍 Team Medical Dragon
  • 最後から二番目の恋
  • ラスト・シンデレラ
  • アンフェア
  • BOSS
  • ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~
  • 踊る大捜査線
  • ナースのお仕事
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
  • ストロベリーナイト
  • デート~恋とはどんなものかしら~
  • SUITS/スーツ

配信雑誌一覧

配信雑誌一覧

FRIDAY、FLASH、SPA!、週刊ザテレビジョン、週プレ、週刊アサヒ芸能、週刊現代、週刊ポスト、女性自身、女性セブン、MORE、CanCam、BAILA、non‐no、Oggi、Domani、Precious、美的、MAQUIA、Ray、CLASSY.、週刊Gallop、LEE、LDK、MONOQLO、週刊ダイヤモンド、週刊朝日、サンデー毎日、DIME、Seventeen、MEN’S NON-NO、Tarzan(ターザン)、ESSE、ELLE JAPON エル・ジャポン、Begin、週刊東洋経済、Hanako (ハナコ)、Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ)、AERA、Mart、家電批評、ダイヤモンドZAi、将棋世界、GetNavi、デジモノステーション、Pen、オズマガジンプラス、週刊ベースボール、おとなの週末、食楽、UOMO、東京カレンダー、メンズクラブ、週刊エコノミスト、Mac Fan、GoodsPress、SPUR、MEN’S EX、buono、flick!、SAPIO、ニューズウィーク日本版、BE-PAL、サライ、週刊プロレス、エル・グルメ、VOGUE JAPAN、ELLE DECOR、オズマガジン、料理通信、パチンコ必勝本CLIMAX、ランドネパチスロ必勝本、ムー、GO OUT、F1速報、Mr.Babe Magazine、Como、GQ JAPAN、フィガロジャポン、サッカーダイジェスト、男の隠れ家、WIRED、アルバトロス・ビュー、Lightning、CAPA、ワールドサッカーダイジェスト、Discover Japan、GOLF TODAY、PEAKS、住まいの設計、EVEN、つり情報、RIDERS CLUB、COURRiER Japon [電子書籍パッケージ版]、ワイン王国、BICYCLE CLUB、FLASHスペシャル グラビアBEST、つり人、ビール王国、スマッシュ、サーフトリップジャーナル

FOD無料登録方法・解約方法

FODの無料トライアルの登録方法の手順は下記のステップで進めてください。
Amazonのログインが途中で必要なため、Amazonでの登録を先に済ませておきましょう。

■登録方法(画像付き)

STEP1STEP2STEP3STEP4

FODプレミアムの公式HPヘアクセス。

『Amazon Pay』の決済方法を選択

Amazonアカウントでログイン

「確認画面へ進む」ボタンを押し、登録完了

■解約方法

解約は公式HPで解約します。ログアウトやアプリでの削除だけでは解約はできません。

STEP1STEP2STEP3

マイメニューを開く

 

月額コースの確認・解約を選択

解約ボタンをクリックし完了

アライブ がん専門医のカルテ あらすじ・予告動画

『アライブ がん専門医のカルテ』は横浜みなと総合病院に勤める腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)が主人公。腫瘍内科医とは、日本ではまだ比較的数の少ない“がん診療のスペシャリスト” で、すべての部位のがんを取り扱い、患者にとってベストながんの治療法を模索し、化学療法を中心とした診療により、がんと向き合っていく。腫瘍内科の英訳がメディカル・オンコロジーであることから、本人の名前とかけて院内では「オンコロ先生」と呼ばれている心は、誰に対しても等身大で接する、柔らかで心優しい女性。“治るか治らないかではなく、患者の人生に寄り添うこと” を矜持(きょうじ)に、誰よりも真摯(しんし)にがん患者に向き合い、がんによって傷ついた患者の心までも救おうとする。
家庭では学生時代に知り合った男性・匠(中村俊介)と結婚し、一人息子をもうけ、順風満帆な毎日を送っていた心だが、3カ月前に匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいる。職場では気丈に振る舞っているが、自身はいまだに現実を受け止め切れていない。
そんな時、関東医科大学付属病院から横浜みなと総合病院に移籍してきた有能な消化器外科医・梶山薫(木村佳乃)と出会う。腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして太陽のように明るい性格で心の支えになってくれる同僚として、この年齢になってできた大切な友人となった彼女との出会いは、心にとって公私ともに突然差し始めた一筋の光のように感じさせるものだった。しかし薫には心には明かせない、ある秘密があり―。
『アライブ がん専門医のカルテ』は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、内科医の心と外科医の薫という最高のタッグを組む2人を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描く、この冬最も温かい、感動のメディカル・ヒューマンドラマとなる。

公式ページより

各話のあらすじ(第1話から最終回・特別編)

第1話「原発部位が不明のがん」

田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。さまざまな症状のがん患者と日々向き合い忙しい毎日。この日、心は担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は化学療法室から緊急の連絡。研修医の結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていたという。心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て心は違和感を抱く。担当医である消化器外科部長の美川(阿南健治)に生検を進言しようとするが「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。仕事を切り上げ向かったのは別の病院。3カ月前に事故に遭い意識不明となっている夫(中村俊介)を見舞うためだった。
数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。カンファで美川に「勝手に検査をするな」と言われる心だったが、身に覚えがないため反論しようとすると自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が・・・。見慣れない彼女は別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)だった。息子の蓮(桑名愛斗)を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が来ていた。世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。公私共に息つく暇がない・・・これが最近の心の日常だった。

第2話「知られざる、男性の乳がん」

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から、乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。男性の乳がん患者は、罹患(りかん)者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は、なおさらと検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。乳がんにかかったことを「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。
一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い診察していた。莉子は自分が乳がんと診断されたことが信じ難く、会社への報告などに悩んでいた。診察後、心から「莉子は乳房全摘手術が望ましい」と聞かされた奈海は、まだ若いのにと残念がる。すると結城は「若いからこそ早期治療が必要だ」とドライに反論する。
仕事を終えた心がいつものように匠(中村俊介)を見舞って帰宅すると、京太郎(北大路欣也)が漣(桑名愛斗)の面倒を見てくれていた。だが漣を甘やかし宿題を手伝っていて、匠の意識が戻ることもあきらめたかのような京太郎に対しての愚痴を、心は梶山薫(木村佳乃)にメールする。トレーニングジムでメールを受け取った薫だが、匠の事になると返答に戸惑ってしまい・・・。

第3話「愛する家族との最期の時間」
恩田心(松下奈緒)に、夫の匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学付属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に駆けつける。京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが・・・。
『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。緩和治療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。
休憩中、心は薫に、匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが・・・。
一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。その後も、偶然再会し言葉を交わすが・・・。
第4話「愛する人の死の受け入れ方」
恩田心(松下奈緒)の夫、匠(中村俊介)の告別式が行われる。光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちと参列した梶山薫(木村佳乃)だが、心に声をかけることが出来ない。葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。阿久津や光野は心配するが、心は「仕事をしている方が気が紛れる」と気丈にふるまう。その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎(北大路欣也)に関しての連絡を受け・・・。
一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた・・・。打ち明けるべきか否か-。思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一(三浦翔平)が姿を現し、真の目的を打ち明ける・・・。
愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのか―。
第5話「離婚調停中の母と希少がん」
恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学付属中央病院で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して「関河には気をつけるように」と話す。そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。
そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に心は、患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの1つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだ。
一方、関河は須藤進(田辺誠一)にも取材を敢行する・・・。
第6話「がんの標準治療と民間療法」
恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。しかも、薫はその時に手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼を裏切られたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて・・・」と伝えた。数日後、薫は退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出したが、手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその1人。しかし、心は薫を避けるように・・・。
ある日、心が医局にあったペットボトルの水に手をのばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。“がんが消える効能がある”とうたった水で、元患者が院内で無断配布していたのを回収したという。初回は無料だが次回から高額販売しているらしく、阿久津晃(木下ほうか)、心たちは憤りを隠せない。
心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。心が、抗がん剤治療をしてからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。律子と絵麻がとりなして、その場は収まるが・・・。
一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていた――。
第7話「孤立する高齢の親子とがん」
恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だ。
心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性胸膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。
数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り・・・。
第8話「18歳の少年が抱えるがん」

恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。
そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)に、かつて和樹が入院していた時の様子を聞く。光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが・・・。和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが・・・。
一方、心は奈海や結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことになり、そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことに・・・。交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇(ちゅうちょ)してしまう。そんな薫に心は・・・。

第9話「妊娠中にがんになったら―」
恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が、婦人科医の前園敬之(髙橋洋)に呼び出される。前園は「切迫流産で緊急入院した小山内静(山田真歩)の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかった」と2人に話す。静はかつて大腸がんで入院したときに心が担当した患者だが、肝臓への転移が見つかったのだ。カンファレンスで、心たち医師たちは、がん治療のために静の妊娠継続は難しいということで一致した。心と薫は静の病室へ行き、病状を説明。心は妊娠の継続が困難なので、静の命を優先させたいと告げる。しかし、静に中絶の選択肢はなく、その意思はゆるぎないものだった。静に付き添っている夫の敬(落合モトキ)にも、やっと授かった子供だと中絶への同意は得られない。
翌日、心が化学療法室へ行くと、佐倉莉子(小川紗良)がスマホの画面を看護師たちに見せていた。莉子は心にも画面を見せる。それは退院した高坂民代(高畑淳子)が旅先での出来事を紹介しているSNSの記事だ。病気でも人生を楽しんでいる民代から、自分も元気をもらえると莉子は喜び、患者のこういう面を知ってもらいたいと言う。すると、心は莉子もSNSで発信したらどうかと勧めた。そんな矢先、民代が旅先で倒れたという一報が入り・・・。
第10話「すい臓がんと、最後の試練」

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。芳雄はこのまま横浜みなと総合病院での手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。
一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばならない理由があるようだ。
そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。女性は有馬総合病院の理事、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。丁寧な美紀子の対応に感心する心。すると、美紀子は「出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだ」と言い、彼女が向かった先は・・・。

第11話/最終回「乳がん再発を乗り越えて」

心(松下奈緒)と薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、2人で乗り越えようと誓い合う。しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。
一方、心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。医師としての将来を思う阿久津(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。また、研修期間が終わろうとしている結城(清原翔)と夏樹(岡崎紗絵)も、どの科に行くか決めかねていた。
佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫が来た。治療を受ける薫に驚く莉子。だが、莉子もすでにがんと闘う決意に満ちている。莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。そんな2人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていた。
2人の女性医師、そしてそれぞれの医師たちに、変革と旅立ちのときが訪れようとしていた――。

アライブ がん専門医のカルテ キャスト一覧

役名 キャスト名
恩田心(おんだ こころ) 松下奈緒
梶山薫(かじやま かおる) 木村佳乃
結城涼(ゆうき りょう) 清原翔
夏樹奈海(なつき なみ) 岡崎紗絵
恩田匠(おんだ たくみ) 中村俊介
関河隆一(せきかわ りゅういち) 三浦翔平
須藤進(すどう すすむ) 田辺誠一
光野守男(みつの もりお) 藤井隆
阿久津晃(あくつ あきら) 木下ほうか
高坂民代(こうさか たみよ) 高畑淳子
恩田京太郎(おんだ きょうたろう) 北大路欣也
アライブ がん専門医 公式ツイッター

【医療ドラマ紹介】アライブ がん専門医のカルテを見た人におすすめ作品

■ Dr.コトー診療所

コトー先生の島の医療に対する一生懸命さや、島人々との関わりが素敵に描かれています。、地方の医療の大変さや、病院のありがたみをすごく感じます。毎回見どころ満載です。島の自然たっぷりの景色も楽しめて、見る価値ありです。初回から、泣けるシーンばっかりですが、コトー先生がどうして島に来たのか、そんなコトー先生の過去を知っても島の人々はどう変わったか、変わらなかったのかの回も泣けますが、看護師のあやかさんが乳がんになってしまってからのいろいろもまた感動です。何かの番組で、コトー先生役の吉岡秀隆さんが、監督の要望で声のトーンを少上げて演技していると聞きました。その話を聞いた後ドラマを見て、吉岡秀隆さんはすごい役者さんなんだなと感じました。それも見どころの一つです。また、中島みゆきさんの「銀の龍の背に乗って」が流れるとまた泣けます。とにかくすべていいです。

■ グッド・ドクター

主役の新堂湊は、自閉症のサヴァン症候群で、大変素晴らしい能力を持っていますが、人とのコミュニケーションは苦手です。湊は、幼いころ亡くした兄の思いを受け止め、司賀に才能を見出され、医師になることができました。このドラマは、山﨑賢人さん演じる湊が、まわりの人たちと接しながら学び、小児外科の研修医として働くドラマです。湊は、「子どもたちみんなを大人にしたい」と言う強い思いを持ち、治療しようとしますが、初めは、医師や患者にも、障害者だと信用されません。が、柄本明さん演じる院長の司賀や上野樹里さん演じる医師の瀬戸の指導を受け、努力し理解されるようになります。山﨑さんの演技が素晴らしく、湊が成長していく姿に感動しました。

■ JIN -仁-

このドラマは、医療ドラマでありながら、SF要素も強い稀有な作品です。現代の脳外科医である主人公・南方仁が、身元不明の患者の頭から胎児の形をした腫瘍を摘出し、それが原因と思われる事象によって幕末にタイムスリップしてしまいます。そこである武士に命を救われ、またその武士の命を外科的な医術によって救い出した仁は、その武士の家に居候しつつ、現代の医術の知識によって幕末の人々の命を救っていきます。自分の行いが歴史を変えてしまうのではないか?はたまた、自分の行いはむしろ何の意味もないことなのではないか?といった葛藤を抱きながら、彼の周りには次第に、彼の医術を信頼し、彼に師事を仰ぎたいという医療従事者が集まってくるのです。医療モノとしての側面、そしてSF作品としての側面、その両方を尊重し、繊細に練り上げられたストーリーが魅力の作品です。