僕はどこから(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

TBS、2020年1月期放送ドラマ「僕はどこから」の見逃し配信フル動画を無料で見る方法や出演者情報などについてご紹介します。

このページでは、最新話のあらすじ、予告動画を随時更新しており、まとめてチェックが可能です!

要点まとめ
  1. ドラマ『僕はどこから』を見逃しフル視聴を無料で見るならParavi!
  2. 2週間無料トライアルを体験するには?
  3. ドラマ情報詳細、あらすじ、出演キャスト一覧
  4. 他ドラマ情報一覧

僕はどこからの見逃し動画を無料で見る方法

僕はどこからを第1話から全話を視聴するにはVOD配信サービスParaviで無料視聴して楽しむことができます。

▼Paraviの公式サイトはコチラ▼

僕はどこからの見逃し動画を無料で見るならParavi!

下記、各動画サービス配信情報です。

動画配信サービス 見逃し配信
FODプレミアム ×
Hulu ×
Paravi
見放題視聴
U-NEXT
Amazon Prime video
dTV ×
 AMEBA ×

 

Paraviとは?(料金、無料期間など)

  • 初回登録者のみ14日間無料期間
  • 過去の名作ドラマや話題の最新ドラマまで配信
  • 他では視聴できないオリジナル版やディレクターズカット版、特典映像も!
  • 継続特典で最新映画の課金対象作品に使えるParaviチケットプレゼント
 無料期間 14日間(2週間)
無料期間中の解約 可能
月額料金 1,017円(税込)
ダウンロード機能 あり
個別課金作品 あり

Paraviで配信中のドラマ作品(一部)

下記の作品は全話見放題で視聴可能です。

  • グランメゾン東京
  • 恋はつづくよどこまでも
  • ノーサイドゲーム
  • MIU404
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 愛してたって、秘密はある
  • 花のち晴れ〜花男 Next Season〜
  • 3年B組金八先生
  • 下町ロケット
  • 夜行観覧車
  • 初めて恋をした日に読む話
  • ドラゴン桜
  • 大恋愛〜僕を忘れる君と
  • 中学聖日記
  • 凪のお暇
  • コウノドリ
  • 仁シリーズ
  • SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

■個別課金対象作品

継続特典でもらえるParaviチケットで毎月最新作が1本無料視聴が可能!

  • キングダム
  • 天気の子
  • 人間失格 太宰治と3人の女たち
  • センセイ君主
  • アルキメデスの大戦
  • 名探偵ピカチュウ

Paravi無料登録方法・解約方法

Paraviの無料トライアルの登録方法の手順は下記のステップで進めてください。

■登録方法(画像付き)

STEP1STEP2STEP3

Paraviの公式HPヘアクセス。

アカウント情報(名前、支払い情報など)を入力

登録ボタンをクリックし登録完了

■解約方法

解約は公式HPで解約します。メールや電話での解約、アプリでの削除だけでは解約はできません。

STEP1STEP2

マイメニューを開き「登録・お支払い情報」をクリック

契約中のプランから「プラン解約」を選択し、解約できます

▼Paraviの公式サイトはコチラ▼

Paraviあらすじ・予告動画

「僕は…僕はどこから…来るんですか…」
特殊な能力を持つ青年&エリートヤクザ…
青春異能クライムサスペンス!

文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。
認知症を患う母と二人暮らしをしながら、今日も一心不乱に原稿に向かっている。
薫の前には類まれなる能力を持ちながらも、その能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。必死に母を介護しながら自分の夢と現実にもがく薫になおも降りかかる「母の事故」という悲劇。
自分の存在意義を見失い、母の入院費用さえままならない薫は一人呟いた…

――僕は…僕はどこから…来るんですか…

絶望に暮れる薫の所に元同級生の講談会系東宮寺組最年少組長・藤原智美が現れる。

――お前まだ…他人の頭で考えること出来るな?

――お前に、すげぇ景色、見せてやるよ

智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を活かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになる。

薫の先に待つものは光か闇か…
人生に追い詰められた薫が、智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、
大いなる犯罪の幕が上がる――!!

公式ページより

各話のあらすじ(第1話から最終回)

第1話「異能VS天才 4000万死闘 親友は敵か味方か…!?」

今から半年前。竹内薫(中島裕翔)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。だが薫が持つある特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。  その頃、22歳の若さで講談会系東宮寺組聖狗会の組長となった藤原智美(間宮祥太朗)は、会長の東宮寺正胤(若林豪)から、誰もやりたがらない“デカいシノギ”の依頼が。依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。このシノギになぜか薫が巻き込まれることとなる――。

第2話「4000万の替え玉受検!? 最強友情が起こす奇跡」

竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力してほしいという。権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。それは5年前、高校1年生だった時のこと。ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。
焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。「人の書いた文章を読んで書き写すと、その人の考え方を感じることが出来るんです!」――
そう言うと、薫は千佳が残した言葉の欠片を片っ端から読み取っていく。やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて…。

第3話「人生一発逆転の替え玉受検! 裏切りVS殺意!?」

ゴーストライターの誘いを捨て、腹をくくった竹内薫(中島裕翔)は、替え玉受験の片棒を担ぐことに。顔合わせのため藤原智美(間宮祥太朗)と共に依頼人の井上家へ向かう。
井上涼子(須藤理彩)曰く、井上家の長男は旺慶大学に入らなければいけないしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)は手を尽くしてもどうにもならず、替え玉を決意したという。
ところが話をするうちに感情が溢れてしまった涼子は、突然鬼のような形相で玲を引っぱたく。その後も玲が理解し難い行動をするたび暴力をふるう涼子。薫があ然とする中、智美のもとに東宮寺正胤(若林豪)から連絡が。なぜか一般人である薫を巻き込んだことがバレていて…。

第4話「戦慄の逮捕劇! 黒幕は誰だ…バディ決裂か!?」

他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持つ竹内薫(中島裕翔)は替え玉受験で小論文に取り組んでいる最中、井上玲(笠松将)の思考に入り込んでしまう。薫の頭に広がる不吉なイメージ…
この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。
嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。
一方、東宮寺正胤(若林豪)に呼び出された智美は、失敗が許されないシノギに一般人である薫を巻き込んだ挙句、警察に捕まったことを厳しく問い詰められていた…

第5話「奇跡の口裏合わせ!? 最強バディVS最狂兄弟」

殺人犯の容疑がかかり、拘留されてしまった竹内薫(中島裕翔)。しかも警察に出頭した藤原智美(間宮祥太朗)が取り調べで「井上玲(笠松将)を紹介して来たのは薫だ」と供述したことで、刑事の桐原崇(神保悟志)は、薫がヤクザの同級生を巻き込み、強盗を計画した殺害犯であると確信する。
そんな智美の裏切りを知り、薫は愕然とするが、智美の取り調べには続きがあった。事件当日の行動について、智美は替え玉受験を隠し、「朝から2人で読書会をしていた」と言い放ったのだ。さらに薫が玲に貸した本を返してもらいに行った際、運悪く遺体に出くわしてしまったと言明し…。

第6話「新章の反撃編スタート 3日以内に拉致犯確保」

替え玉受験は、東宮寺正胤(若林豪)が目論むカジノ計画成立のために必要なシノギだった。竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。
その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。車に乗っていたのは情報屋の山田龍一(高橋努)、山田の弟分・駿(岡崎体育)、そして――!そんなことにも気づかずに歩いていた薫は、自宅近くで、車の中から見知らぬ男に声を掛けられる。「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。

第7話「最恐展開! 天才VS悪魔 死の罠から友を救え!」

「藤原さんを救いたいと思いませんか?」夜中、竹内薫(中島裕翔)の自宅にやってきた山田龍一(高橋努)は、そんな言葉を口にした。藤原智美(間宮祥太朗)の情報屋だという山田は、井上玲(笠松将)の居場所がわかったことを智美に連絡したが、後になって地元のヤクザに匿われていることが判明。
武器を持たずに向かってしまった智美に届けて欲しいと、おもむろに拳銃を取り出す。驚きながらも薫が銃を凝視すると…。
そんな中、「電話をかけに行く」と一旦アパートを出たはずの山田は、なぜか下に停まっている車の中へ。車内で待っていたのは、ヤクザに匿われているはずの玲だった!

第8話「文字に隠されたSOS 悪魔の罠VS天才の一手」

山田龍一(高橋努)は井上玲(笠松将)がとある清掃業社にいると竹内薫(中島裕翔)に教える。そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。
バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。
山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。実は彼女の正体は…。そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。

第9話「潜入&逆襲」

完全に警察に包囲されてしまった山田龍一(高橋努)は、強奪した車に竹内薫(中島裕翔)を引きずり込み、銃を突きつけたまま逃走をはかる。なぜ山田を陥れることができたのか?緊急配備が敷かれる中、薫は車内でその真相を語り出す。
薫からのあるメッセージを見た藤原智美(間宮祥太朗)は、このやりとりがすべて山田を経由していることに気づく。拳銃を持った薫と智美が合流する時に、山田は何かを仕掛けてくる―― そんなもくろみを察知した智美は、阻止するべく権堂真司(音尾琢真)と奔走。薫に“山田の罠”を知らせるため、藤原千佳(上白石萌歌)を薫が乗るバスへ送り込む。

第10話「銃撃戦決着! リミット3時間で最後の謎解き」

「こんなところで終われない」――その言葉を口にしながら、竹内薫(中島裕翔)は山田龍一(高橋努)による暴行で意識を失い、藤原智美(間宮祥太朗)は宝土清掃事務所で引き金を引き続けていた。その頃、権堂真司(音尾琢真)に布で口をふさがれた藤原千佳(上白石萌歌)は、何かを吸ったのかそのまま倒れこんでしまう。権堂の目的は一体…?
東宮寺正胤(若林豪)との約束のタイムリミットが刻々と近づいてくる中、智美はついに駿(岡崎体育)と対面する。“家族”と呼ぶ仲間たちを次々と殺され、怒りに震える駿は、智美にめがけて発砲。弾を腹で受けてしまい、おびただしい血が流れ出す。

第11話/最終回「最後の戦い」

竹内薫(中島裕翔)と藤原智美(間宮祥太朗)は、物置に匿われた井上玲(笠松将)を探しに行くが、そこに玲の姿はなかった。そのかわり壁一面に血のようなもので殴り書かれた無数の数字が…。東宮寺正胤(若林豪)との約束の時間まであと3時間。玲を探し出すのは不可能と判断した智美は、愕然とする薫に「逃げろ」と言い放つが、薫は壁に残された数字に触れ、必死に玲の居場所を探し出そうとする。
一方、権堂真司(音尾琢真)は藤原千佳(上白石萌歌)を薫のアパートへ連れて行き、薫の母・竹内陽子(仙道敦子)と待っているよう指示。智美に協力したいと嫌がる千佳を、「これは智美からの指示だ」と説き伏せる。

僕はどこから キャスト一覧

役名 キャスト名
竹内薫 中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
竹内薫(幼少期) 山田暖絆
藤原智美 間宮祥太朗
藤原智美(幼少期) 小田将聖
藤原千佳 上白石萌歌
駿 岡崎体育
権堂真司 音尾琢真
山田龍一 高橋努
サントス アイクぬわら
佐野 慎吾(さの しんご) 番家天嵩
加藤みきお 柴崎楓雅
東宮寺正胤 若林豪
井上涼子 須藤理彩
井上玲 笠松将
黒井純 都丸紗也華
桐原崇 神保悟志
竹内陽子 仙道敦子
藤原千佳(幼少期) 渡辺真妃

 

僕はどこから 公式ツイッター

【サスペンスドラマ紹介】僕はどこからを見た人におすすめ作品

■ デスノート

日テレ系が手掛けていた2015年に放送されたドラマです。名前を書かれた人間は心臓発作を起こして死んでしまう。事細かく日時、死因を記入するとその通りに死んでしまうという死神だけが手にすることが出来るノートをある天才少年が拾ってしまい、世界を変えようとそのノートを使ってダークヒーローになっていく…というようなお話です。少年ジャンプが原作になっており、以前には映画化もされていた作品がキャストを変え、映画では描かれることがなかった部分も描かれている作品になります。デスノートを手にしてしまった少年は初めは正義感があり、殺人犯などを次々にノートに記載していったのが始まりでしたが、だんだんとそうではなくなっていく…ヒーローでありだんだんと悪に染まっていく姿はまさに手に汗握ります。

■ クロサギ

詐欺師に対して非常に大きな憎しみを持っている主人公が、詐欺師となって詐欺師を騙していくストーリーです。詐欺師をぎゃふんと言わせるというのは勧善懲悪のようなイメージですけど、主人公が詐欺師ということで、必ずしも正義とは言えない構図が特徴です。詐欺師が詐欺師を騙すというのは、あまり見られない状況かもしれませんが、通常騙される側に回ることがまずありえない詐欺師が騙される部分というのは、非常に痛快とも言えるはずです。ただ、実際に詐欺師を騙すことは容易ではないため、それなりの知識と演技力などを兼ね備えていないといけませんし、このドラマではそういった部分を駆使してどうやって実際に詐欺師を騙すのか?がみどころと言えると思います。

■ ナオミとカナコ

直美は大学時代からの親友である加奈子をDV夫から救うために、二人で殺害しようと加奈子に計画を持ちかける所から物語が始まります。前代未聞の殺人劇が幕を開けます。かなりシュールな部分もありますが、ドラマとしては十分に楽しめます。夫を殺害した後からは、犯人なのにここまできて捕まったらかわいそうと思ったり、でも殺人犯が助かっても正義に反するしという葛藤もあったりで少し複雑な心境になったりもします。しっかりとした作りと俳優陣の演技に緊張感があるのもよく出来ていて素晴らしかったです。回を重ねるごとに周りにばれないか、緊迫感があってドキドキしながら見る感じのストーリーです。果たして逃げ切れるのか二人の行方も見所です。

▼Paraviの公式サイトはコチラ▼