HERO(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

フジテレビ、2001年1月期(第1期)、2014年7月期(第2期)放送ドラマ「HERO」の見逃し配信フル動画を無料で見る方法や出演者情報などについてご紹介します。

このページでは、最新話のあらすじ、予告動画を随時更新しており、まとめてチェックが可能です!

要点まとめ
  1. ドラマ『HERO』を見逃しフル視聴を無料で見るならFODプレミアム!
  2. 2週間無料トライアルを体験するには?
  3. ドラマ情報詳細、あらすじ、出演キャスト一覧
  4. 他ドラマ情報一覧

HEROの見逃し動画を無料で見る方法

HEROを第1話から全話を視聴するにはVOD配信サービスFODプレミアムで無料視聴して楽しむことができます。

▼FODの公式サイトはコチラ▼

HEROの見逃し動画を無料で見るならFODプレミアム!

調査してみたところ、HEROはFODにて独占配信中で、他VOD配信サービスでの配信はありませんでした。第1期のみの配信で第2期やスペシャルドラマの配信はありません。

下記、各動画サービス配信情報です。

動画配信サービス 見逃し配信
FODプレミアム
見放題視聴
Hulu ×
Paravi ×
U-NEXT ×
Amazon Prime video ×
dTV ×
 AMEBA ×

FODプレミアムとは?(料金、無料期間など)

  • 初回限定の14日間無料期間
  • 最新から80年代の名作人気ドラマまで配信
  • 100冊子以上、雑誌読み放題
  • 個別課金作品に使えるポイントが最大1300円プレゼント
 無料期間 14日間(2週間)
無料期間中の解約 可能
月額料金 977円(税込)
ダウンロード機能 ×
個別課金作品
雑誌読み放題
マンガ読み放題 △一部無料作品あり

FODで配信中のドラマ作品(一部)

下記の作品は全話見放題で視聴可能です。

  • Dr.コトー診療所
  • チーム・バチスタの栄光
  • 医龍 Team Medical Dragon
  • 最後から二番目の恋
  • ラスト・シンデレラ
  • アンフェア
  • BOSS
  • ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~
  • 踊る大捜査線
  • ナースのお仕事
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
  • ストロベリーナイト
  • デート~恋とはどんなものかしら~
  • SUITS/スーツ

配信雑誌一覧

配信雑誌一覧

FRIDAY、FLASH、SPA!、週刊ザテレビジョン、週プレ、週刊アサヒ芸能、週刊現代、週刊ポスト、女性自身、女性セブン、MORE、CanCam、BAILA、non‐no、Oggi、Domani、Precious、美的、MAQUIA、Ray、CLASSY.、週刊Gallop、LEE、LDK、MONOQLO、週刊ダイヤモンド、週刊朝日、サンデー毎日、DIME、Seventeen、MEN’S NON-NO、Tarzan(ターザン)、ESSE、ELLE JAPON エル・ジャポン、Begin、週刊東洋経済、Hanako (ハナコ)、Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ)、AERA、Mart、家電批評、ダイヤモンドZAi、将棋世界、GetNavi、デジモノステーション、Pen、オズマガジンプラス、週刊ベースボール、おとなの週末、食楽、UOMO、東京カレンダー、メンズクラブ、週刊エコノミスト、Mac Fan、GoodsPress、SPUR、MEN’S EX、buono、flick!、SAPIO、ニューズウィーク日本版、BE-PAL、サライ、週刊プロレス、エル・グルメ、VOGUE JAPAN、ELLE DECOR、オズマガジン、料理通信、パチンコ必勝本CLIMAX、ランドネパチスロ必勝本、ムー、GO OUT、F1速報、Mr.Babe Magazine、Como、GQ JAPAN、フィガロジャポン、サッカーダイジェスト、男の隠れ家、WIRED、アルバトロス・ビュー、Lightning、CAPA、ワールドサッカーダイジェスト、Discover Japan、GOLF TODAY、PEAKS、住まいの設計、EVEN、つり情報、RIDERS CLUB、COURRiER Japon [電子書籍パッケージ版]、ワイン王国、BICYCLE CLUB、FLASHスペシャル グラビアBEST、つり人、ビール王国、スマッシュ、サーフトリップジャーナル

FOD無料登録方法・解約方法

FODの無料トライアルの登録方法の手順は下記のステップで進めてください。
Amazonのログインが途中で必要なため、Amazonでの登録を先に済ませておきましょう。

■登録方法(画像付き)

STEP1STEP2STEP3STEP4

FODプレミアムの公式HPヘアクセス。

『Amazon Pay』の決済方法を選択

Amazonアカウントでログイン

「確認画面へ進む」ボタンを押し、登録完了

■解約方法

解約は公式HPで解約します。ログアウトやアプリでの削除だけでは解約はできません。

STEP1STEP2STEP3

マイメニューを開く

 

月額コースの確認・解約を選択

解約ボタンをクリックし完了

▼FODの公式サイトはコチラ▼

HERO あらすじ・予告動画

久利生公平は元不良で中卒、大検を受け、司法試験に合格し検事になった。服装はダークスーツではないラフな格好。エリート検事にはない、ストリートで養った独自のカンとクレバーさを持っている。
物語は彼が青森から東京地検の城西支部の刑事部に赴任するところから始まる。当然のことながら、古い習慣にとらわれ、出世や保身ばかり気にする他の検事や事務官たちと軋轢が生まれる。

雨宮舞子は事務官だが、ゆくゆくは副検事になることに希望を持っている。仕事に一途で、いわゆるカタイ女性の典型。上層思考の強い舞子は、優秀と噂されている久利生公平の事務官に立候補。しかし実際の久利生の姿を目にしたら、彼の破天荒な仕事ぶりに驚き、あきれるばかり・・・.

そのほか、検事には中村美鈴、江上達夫、そして主任検事の芝山貢、事務官の末次隆之、遠藤賢司、刑事部部長の牛丸豊、がいる。彼らも、久利生が事件の大小関係なく熱心に捜査したり、ラフな服装で仕事をしたりする姿に違和感を覚え、彼のことが理解できない。唯一、次席検事の鍋島利光だけは、久利生公平に期待を寄せているのだが・・・。

久利生は表には出さないが、人一倍正義感が強く、また人を見た目で判断することなく常に真実を求める男なのだ。久利生が事件の大小関係なく熱心に捜査をしたり、ラフな服装で仕事をしたりする姿に違和感を覚え、彼のことが理解できない城西支部の面々。彼らは久利生と出会ったことによって、ある時は反発を覚え、ある時は感化されていく。このドラマは、そういう個性の強い人間達が巻き起こす、群像劇なのだ。そして最も個性の強い、変わり種の久利生がどんな活躍を見せるのか・・・?

公式ページより

各話のあらすじ(第1話から最終回・特別編)

第1話「最悪の出会い」

東京地検城西支部は、代議士と大手建設会社の癒着にメスを入れ、強制捜査に着手した。その日、青森地検から若手検事・久利生公平(木村拓哉)が転勤してきた。定期異動の時期でないときだけに、同支部の検事や事務官たちは「どんな奴が来るのか」と噂する。
雨宮舞子(松たか子)は自分のステップアップになるかもしれないと、自ら久利生公平の担当事務官に立候補するが、その久利生がダークスーツではなくラフな格好で初登庁し、中村美鈴(大塚寧々)、芝山豊(阿部寛)、江上達夫(勝村政信)ら検事達、末次隆之(小日向文世)、遠藤賢司(八嶋智人)ら事務官達はア然。
当然、雨宮舞子も彼が中卒、大検を受け、司法試験を受け検事になったという異色の経歴に驚く。そして彼の仕事のやり方が、あまりにも変わっているので、雨宮は刑事部部長・牛丸豊(角野卓造)に、担当を外してくれと頼むが、聞き入れてもらえない。
型破りな捜査、しかし的確な洞察力をもった久利生。事件の大小を問わず次々真実を突き止め、事件を解決していく。そんな彼を次席検事の鍋島利光(児玉清)だけは期待を寄せているようだ。久利生公平が現れたことによって、エリート意識ばかり強い支部の面々が時には反発し、時には感化されていく・・・。

第2話「帰れないふたり」

検事は悪人で、弁護士は正義の味方なのか。本当に被害者の立場に立っているのはどちらなのか。
久利生(木村拓哉)の前に、顔じゅうアザだらけの青年が拘引されてきた。青年は高井戸謙介(大柴邦彦)、21歳。謙介は友人と帰宅途中、すれ違った菓子職人にいきなり十発、顔などを殴られ、身をかわしたはずみに菓子職人は階段から落ち死亡したと「正当防衛」を主張していた。
ところが、久利生の前に座った謙介は完全黙秘。一緒にいた友人の調書は、謙介の正当防衛という主張を裏付けていた。代議士の息子でもある謙介には大物弁護士が付いていた。あまりに揃いすぎている。作為を直感した久利生は、処理しなければならない仕事を放り出し、自ら捜査を始めるのだった。
おかげで、久利生に随行する舞子(松たか子)はK1の試合を見に行けなくなり、久利生がやり残している仕事を、替わって処理するハメになった美鈴(大塚寧々)や芝山(阿部寛)、遠藤(八嶋智人)らはカンカン。
勝手な行動をとる久利生に牛丸(角野卓造)もハラハラ。

第3話「恋という名の犯罪」

行きつけのバーで、久利生(木村拓哉)は、別れ話を持ち出した女性に、男性がステーキナイフで切りつけるトラブルに巻き込まれた。翌日、久利生公平の前に被疑者として現れた男、宮川雅史(宮迫博之)は気落ちしている。久利生の取り調べに、その女、島野紗江子(森口瑤子)と結婚しようと思っていたこと、おいしい料理を作ってくれ「生まれ変わっても一緒になろうね」と言ってくれたことなどを切々と訴える。料理研究家の紗江子の周辺を調べると、過去にも結婚詐欺で、複数の男性から訴えられた過去があった。どの男も「生まれ変わっても一緒になろうね」の言葉にコロリで、金を渡していた。ピンとくる久利生だが、結婚詐欺の立件は難しい。「リングに上がる前に逃げるK1選手のよう」と舞子(松たか子)に言われてしまった久利生は、捜査を始めるが・・・・・・。

第4話「彼に教わったこと」

ストーカー殺人の容疑者が入院先の病院から逃げ出した。江上(勝村政信)と舞子(松たか子)が取り調べ中の容疑者で、腰を強打して動けない様子であり、また凶器も発見されていなかったことから、江上の判断で逮捕を見送っていたのだった。「早く逮捕しておけば」と捜査にあたる刑事たちはカンカン。検察の判断ミスとマスコミも騒ぎ出し、牛丸部長(角野卓造)は「私も責任を取らされるかもしれない」とハラハラ。ほかの検事たちは逃げた男が本当に犯人なのか、他に犯人が居るとしたら、どうやって現場から逃げたのか、捜査に乗り出す。
犯行現場はマンションの三階で、犯人がベランダから飛び降りて逃げるには高すぎる。他に逃げ場所はない。どこからか?と久利生が考えているとエンジン音が聞こえてきて、現場の部屋の真下にトラックが止まった。

第5話「二人きりの夜」

副検事を目指し勉強一本槍だと思われていた舞子(松たか子)が、美鈴(大塚寧々)の挑発にのり、つい「大人の恋愛してます。相手には奥さんがいて」と不倫宣言。「だれ?」と、舞子に思いを寄せる江上(勝村政信)はショックを受け、事務官たちは「まさか~」とびっくり。牛丸(角野卓造)は、他の検事が不倫問題で飛ばされたこともあり「責任を取らされる」とハラハラ。
その舞子が久利生(木村拓哉)と担当することになったのは、不倫の清算で、妻と愛人の三人で話しているうち、激昂した夫、矢口徹(小原雅人)が妻に包丁で切りつけた傷害事件。愛人の川原朝美(桜井幸子)も矢口が妻を切りつけたと証言していたが、矢口は「俺じゃない」と言い張っていた。
久利生と舞子は、千葉の実家に戻っている朝美に会いに行く。相手に対する気持ちが冷めたという朝美。朝美の話に納得できない久利生は、一晩泊まり、もう一度確かめたいと言い出す。

第6話「彼女の一番大切なモノ」

久利生(木村拓哉)が、通販にハマっているのを小馬鹿にしていた舞子(松たか子)が、テレビを見てある通販商品を買ってしまう。誰にも分からないように内緒で。ところがクラブで、それを落としてしまう。その店が賭博容疑で摘発される。
牛丸(角野卓造)は、摘発された店に舞子がいたことにカンカン。一方、舞子は内緒で買った通販商品を何とか取り戻そうと必死。そんな舞子の尋常では無い様子に、他の検事たちは「何かヤバイことに?」と騒ぎ出す。ますます不安になる牛丸だった。
久利生は、非番の警察官を殺害した事件を調べていた。被疑者の太田川晋平(升毅)は、貸した金を盾に、自分の身代わりを立てるほどのしたたか者。しかも、鉄壁のアリバイを主張していた。
無くした通販商品を、誰にも知られずに探そうとする舞子の執念が、太田川のアリバイ崩しのヒントとなるのだが・・・。

第7話「君に会えてよかった」

検事に、こき使われる事務官たち。末次(小日向文世)や遠藤(八嶋智人)らも、そんな事務官生活に嫌気が差し始めていた。そこへ、一見、事務官然とした正木(金田昭夫)が転勤してきた。しかし、正木は、「一生こき使われるなんて」と、事務官に見切りをつけ、クレープ屋を開く計画を持っていた。芝山(阿部寛)や江上(勝村政信)から、厳しい仕事を申しつけられる末次や遠藤は、正木の話に共鳴。
舞子(松たか子)は、副検事の任用試験が近くあるというので「是非にも」と燃えるが、事務官経験十年以上が受験資格。牛丸(角野卓造)に頼み込み、なんとか試験を受けられるよう頼み込む。
久利生(木村拓哉)は、電車内での痴漢事件を調べていた。被疑者は、大手貿易会社の専務の綿貫(寺田農)。弁護士に教わったとおり、綿貫は容疑を否認。専務の運転手、秘書らも口裏を合わせていたが、久利生は地道な捜査で専務を追いつめていく。

第8話「過去を知る女」

新堂久利生(木村拓哉)は立件が難しい医療過誤事件を担当することになった。病院・医師側には名うての辣腕女性弁護士・巽江里子(飯島直子)。被疑者に同行して颯爽と現れた江里子は久利生に親しげに声をかけ、二人は何やら親しそう。舞子(松たか子)ほか、芝山(阿部寛)、美鈴(大塚寧々)ら事務官、検事たちは詮索し出すのだった。
久利生は、早速、舞子と捜査を始め、事件直後、病院を辞めた准看護婦がいることを突き止める。必死に説得し、ついに医療過誤があったという証言を得て医師を起訴する。ところが第1回公判で、その准看護婦は証言を一転させた。「エッ!」。久利生の目が一瞬点になった。

第9話「俺がずっとそばにいる」

東京地検城西支部にピザ配達を装って男が侵入。発煙筒をたいて暴れ回る事件が発生した。犯人は逃げてしまったが、その際に久利生(木村拓哉)は、「カチカチ」という不審な音を耳にした。一方、舞子(松たか子)は犯人の手袋の指先に緑の塗料がついているのを目撃した。「検察を狙った法秩序への挑戦だ」と牛丸(角野卓造)は怒る。
城西支部のメンバーは自分が狙われているのではないかと疑心暗鬼。そんな時、舞子の鞄から爆発物が見つかる。久利生の機転で舞子は難を逃れるが、怯えてしまう。一人で家に帰すのは危険と、久利生は舞子を自宅に誘うのだった。不安で眠れない様子の舞子を励ます久利生。同時に彼は、今回の犯人像を推理し、ハタと思いつく。
翌朝、久利生が推測した通りに、無事犯人は捕まるが・・・。

第10話「別れの予感」

久利生公平(木村拓哉)は、人気女性テレビキャスターを襲ったとして、傷害罪で送検されてきた青年を、証拠不十分を理由に不起訴にした。この処分を不服として被害者の女性キャスター榎本由起(羽田美智子)は検察審査会に審査の申し立てた。
正しい判断と、舞子(松たか子)は、久利生をかばうが、審査会の空気は冷たい。人気キャスター絡みの事件とあってマスコミは大騒ぎ。そんな中、今度は脅迫状が女性キャスターのもとに届く。久利生が不起訴にしたことに、由起は抗議の記
者会見。その夜再び、由起は、帰宅途中襲われ、担当の刑事 矢口(梅沢富美男)は古田の犯行だと久利生への反発を強める。しかし・・・・・・。
気が気でない舞子に牛丸(角野卓造)たち。さらに久利生に逮捕歴があることが暴かれ、久利生は窮地に・・・・・・。

第11話/最終回「最後の事件」

キャスター暴行事件で、結果的に世間を騒がした久利生(木村拓哉)に対するバッシングが高まり、地検の上層部は、久利生に異動転勤の処分をだす。しかし久利生は、そんなことは一向に気にかけず、舞子(松たか子)とともにサッカースタジアムで刺殺された警備員の事件に取り組むのだった。
被疑者は逮捕されているが完全黙秘。なぜ警備員を殺したのか話そうとしない。
国会議員や高級官僚の事件を専門にする東京地検特捜部の検事が被疑者を調べるとやってきて、久利生の捜査はなかなか進まない。
殺された警備員には、 息子の良太(今野雅人)がいた。母親はすでに亡く、一人残された良太のためにも、事件の真相を明らかにしようとする久利生。ねばり強く関係者、現場を回り、久利生と舞子は、事件当日、スタジアムに、ある政治家がいた事実をつかむ。

HERO キャスト一覧

☆第1期

役名 キャスト名
久利生 公平(くりう こうへい) 木村拓哉
雨宮 舞子(あまみや まいこ) 松たか子
中村 美鈴(なかむら みすず) 大塚寧々
芝山 貢(しばやま みつぐ) 阿部寛
江上 達夫(えがみ たつお) 勝村政信
末次 隆之(すえつぐ たかゆき) 小日向文世
遠藤 賢司(えんどう けんじ) 八嶋智人
牛丸 豊(うしまる ゆたか) 角野卓造
鍋島 利光(なべしま としみつ) 児玉清

☆第2期

役名 キャスト名
久利生 公平(くりう こうへい) 木村拓哉
麻木 千佳(あさぎ ちか) 北川景子
川尻 健三郎(かわじり けんざぶろう) 松重豊
田村 雅史(たむら まさし) 杉本哲太
宇野 大介(うの だいすけ) 濱田岳
馬場 礼子(ばば れいこ) 吉田羊
小杉 啓太(こすぎ けいた) 勝矢
末次 隆之(すえつぐ たかゆき) 小日向文世
遠藤 賢司(えんどう けんじ) 八嶋智人
牛丸 豊(うしまる ゆたか) 角野卓造
鍋島 利光(なべしま としみつ) 児玉清

【キムタクドラマ紹介】HEROを見た人におすすめ作品

■ プライド

キムタクのカッコ良さが詰まったドラマです。アイスホッケーというあまり馴染みのないスポーツのカッコよさを知るきっかけにもなりまた。野球やサッカーといったメジャーなスポーツのプロ選手ではないところが、かっこいいけれど身近にも感じられるとろがあります。試合のシーンも陸上のスポーツと比べてスピード感があり見応えがあります。キムタクのカッコ良さも際立ちますが、竹内結子の可愛いらしさもこのドラマの魅力です。ドラマの中で何度も登場する台詞の「古き良き時代の女性」のような控えめで芯のしっかりした女性が竹内結子のイメージにぴったりです。初めて結ばれた日の朝のシーンなど二人の幸せそうなシーンなど胸キュン場面も多数です。

■ CHANGE

CHANGE
木村拓哉さんが主演を演じた「CHANGE」。小学校の教師だった朝倉が総理大臣にまでなっていくのが驚きの作品です。素地には朝倉が議員の勘当された次男というのがあるのですが、選挙プランナーや秘書たちのバックアップという力が加わることで激変していくのが見どころです。また最初、朝倉を担ぎだした与党総務会長が裏切るなど政界ならではの駆け引きなども見応えがあります。秘書の美山を深津絵里さんが演じていますが、美山と朝倉の間に恋も芽生えるのでそちらも密かに楽しめます。後半は事件が発生し、総理となった朝倉の責任問題となりますが国会放送で国民にメッセージをするなどハートのあるドラマなのでおススメです。また教師だったころの子どもたちとの再会も感動的でした。

HEROの感想、見どころコメント

30代女性
どんな小さな事にも熱心に真剣に諦めずに貫き通すところがとてもカッコ良いです。また外見の軽そうな見た目とのギャップもとても素敵です。本当にあんな検事さんがいてくれたら安心してお願い出来るなと感じました。
30代女性
いろんな事件をちゃんと考えているのが偉いと思います。私服で行動していたのがとても面白くてよかったです。いろんな個性的なキャラがいてとても面白くてよかったです。たまにキレるのがとてもかっこよくてよかったです。
20代女性
HEROはやっぱり松たか子さんのとペアがすごく印象に残ってます。なかなか決断をくださない久利生にテキパキやりたい雨宮。この2人のやりとりが楽しかったです。雨宮が狙われた時もしっかり守って留守する時は警察官に外を見張らせたりと優しい面も見れていい作品でした。
30代女性
検事という立場で、すごく真実と相手に向き合う姿勢がとても良かったです。真面目そうに見えない服装や態度だけれど、だれよりも真実を追い求めて行動するところは本当に素晴らしく、こんな人が実在したらいいなと思ってしまうぐらいです。あとキャラが面白い役の方が多く笑顔にもなれました。
20代女性
何回も観返しているドラマです!他の検事さんや警察から色物扱いをされても信念をもって事件に向かう久利生さんがかっこいいです!雨宮さんとの関係性や恋の模様も楽しみにしておりました。周りを彩る個性豊かな検事さん、事務官がよりドラマを盛り上げてくれています。また、マスターの「あるよ」がとても好きで、よくものまねをしていました。
40代女性
このドラマで、検察の仕事を知りました。基本1話完結なので、どこから見ても楽しめます。ただし、久利生の通販マニアぶりやバーのマスターの「あるよ」などマンネリを楽しむネタもあるので、最初から通して見た方がより楽しめます。バーや検察局内の場面はシットコムの趣があり、日本のドラマでも役者や脚本がそろうと面白いものができるんだなあと感動していました。大塚寧々さんが意外なコメディエンヌぶりを発揮しています。割り切れない問題も出ます(3話の料理研究家や10話の暴行容疑者など)が、概ね冤罪を生まないように、そして早く帰れるように奔走する検事と事務官が身近に感じられて面白いです。
30代男性
まず木村拓哉さんの衣装が良いですね。どこか堅いイメージのある検察官をラフに演じていて新鮮です。また、木村拓哉さんの演技としっかりマッチしているキャラでもあるので自然に見ることができて楽しめます。松たか子さんとのコンビも、何だかんだ手を取り合ってるような素敵なコンビで好きです。
30代男性
検察官の仕事は被疑者を起訴するか、しないかを判断すること。軽微な犯罪から殺人事件に至るまで幅広いんだなぁと感じました。起訴をすれば有罪率は99%を越えます。その判断は非常に重要です。久利生のように検察官らしくない検察官の方が情があり、名前の通り、公平な判断が下せると思いました。
30代男性
主人公に目がいくドラマですが、問題解決には東京地検城西支部刑事部の同僚や上司の協力なしには実現しないものも多く、そのチームワークや信頼関係は見ていて本当に楽しかったです。みんなで行くバーの店長の「あるよ」もなぜか存在感があったり、細部にまでこだわって作っているドラマなんだろうなという印象で大好きでした。

▼FODの公式サイトはコチラ▼