テセウスの船(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

TBS、2020年1月期放送ドラマ「テセウスの船」の見逃し配信フル動画を無料で見る方法や出演者情報などについてご紹介します。

このページでは、最新話のあらすじ、予告動画を随時更新しており、まとめてチェックが可能です!

要点まとめ
  1. ドラマ『テセウスの船』を見逃しフル視聴を無料で見るならParavi!
  2. 2週間無料トライアルを体験するには?
  3. ドラマ情報詳細、あらすじ、出演キャスト一覧
  4. 他ドラマ情報一覧

テセウスの船の見逃し動画を無料で見る方法

テセウスの船を第1話から全話を視聴するにはVOD配信サービスParaviで無料視聴して楽しむことができます。

▼Paraviの公式サイトはコチラ▼

テセウスの船の見逃し動画を無料で見るならParavi!

調査してみたところ、テセウスの船はParaviにて独占配信中のため他VOD配信サービスでの配信はありません。

下記、各動画サービス配信情報です。

動画配信サービス 見逃し配信
FODプレミアム ×
Hulu ×
Paravi
見放題視聴
U-NEXT ×
Amazon Prime video ×
dTV ×
 AMEBA ×

 

Paraviとは?(料金、無料期間など)

  • 初回登録者のみ14日間無料期間
  • 過去の名作ドラマや話題の最新ドラマまで配信
  • 他では視聴できないオリジナル版やディレクターズカット版、特典映像も!
  • 継続特典で最新映画の課金対象作品に使えるParaviチケットプレゼント
 無料期間 14日間(2週間)
無料期間中の解約 可能
月額料金 1,017円(税込)
ダウンロード機能 あり
個別課金作品 あり

Paraviで配信中のドラマ作品(一部)

下記の作品は全話見放題で視聴可能です。

  • グランメゾン東京
  • 恋はつづくよどこまでも
  • ノーサイドゲーム
  • MIU404
  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • 愛してたって、秘密はある
  • 花のち晴れ〜花男 Next Season〜
  • 3年B組金八先生
  • 下町ロケット
  • 夜行観覧車
  • 初めて恋をした日に読む話
  • ドラゴン桜
  • 大恋愛〜僕を忘れる君と
  • 中学聖日記
  • 凪のお暇
  • コウノドリ
  • 仁シリーズ
  • SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

■個別課金対象作品

継続特典でもらえるParaviチケットで毎月最新作が1本無料視聴が可能!

  • キングダム
  • 天気の子
  • 人間失格 太宰治と3人の女たち
  • センセイ君主
  • アルキメデスの大戦
  • 名探偵ピカチュウ

Paravi無料登録方法・解約方法

Paraviの無料トライアルの登録方法の手順は下記のステップで進めてください。

■登録方法(画像付き)

STEP1STEP2STEP3

Paraviの公式HPヘアクセス。

アカウント情報(名前、支払い情報など)を入力

登録ボタンをクリックし登録完了

■解約方法

解約は公式HPで解約します。メールや電話での解約、アプリでの削除だけでは解約はできません。

STEP1STEP2

マイメニューを開き「登録・お支払い情報」をクリック

契約中のプランから「プラン解約」を選択し、解約できます

▼Paraviの公式サイトはコチラ▼

Paraviあらすじ・予告動画

TBSでは、2020年1月スタートの日曜劇場枠(毎週日曜よる9時)で『テセウスの船』を放送する。原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉による同名漫画で、今年6月20日(木)に発売された「モーニング」29号でドラマ化を発表し、翌週発売の30号で最終回を迎えた。それ以来、この大作の主人公を誰が演じるのか話題となっていたが、このたび、TBS1月期の日曜劇場枠で待望の実写化となる。 主人公の田村心(たむら・しん)を演じるのは、竹内涼真。『下町ロケット』や『陸王』、『ブラックペアン』など、多くの日曜劇場作品に出演し盛り上げてきた竹内だが、TBSの連続ドラマで主演を務めるのは今回が初となる。
今作で竹内が演じる心は、家族の運命を変えた警察官の父親が起こした殺人事件の謎を追う青年。心と母親は父親が逮捕されてからずっと、世間から後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた。ある日、心は最愛の妻から「お父さんを信じてみて」と言われ、拘置所にいる父に会おうと決意。しかし、昔の事件現場に向かうと突然の霧に包まれ、過去にタイムスリップしてしまう!
令和から平成へ 父が殺人事件を起こす直前の31年前にタイムスリップ!
父はなぜ事件を起こしたのか? 本当に殺人犯なのか?

心がタイムスリップしたのは、事件が起こる直前の1989年(平成元年)、事件現場となる雪深い村だった。その村で心が目にしたのは、自分の家族の温かく笑顔あふれる姿。父の事件を阻止すれば、家族の笑顔を守れる! 心は事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、「過去を変える」というタブーに挑む決意をする。 時代を超えて繋がる家族の絆が生み出す奇跡の物語。

公式ページより

各話のあらすじ(第1話から最終回)

第1話「父は本当に殺人犯なのか?」

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。

そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。

第2話「真犯人、あらわる」

田村心は、音臼小学校で教師をすることになった。心と文吾は、田中義男の家へ行く。心は、3日後に起きる火事を止めようとする。朝、心が学校へ行くとウサギ小屋でウサギが死んでいた。しばらくすると、児童たちが登校してきて大騒ぎになってしまう。心は、その場にいた翼を不審に思う。そのことが原因で、児童は心と距離を置いてしまう。心と文吾は、田中家で火事が起きないように注意していた。すると、和子から電話がかかってくる。鈴が行方不明になってしまったのだ。心と文吾は、田中家のことが気になるが、鈴を探しに行った。心が周辺を探していると、翼を発見する。翼の表情は、いつもとは違っていた。その後、文吾は、心が持っているノートのことを聞き始める。

第3話「決死の告白! 殺人犯になる父へ―」

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。
逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?
不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?
追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

第4話「第2章・変わり果てた最悪の未来」

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。
拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。
音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

第5話「無罪の証言者あらわる!」

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。
その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。果たして、さつきの魂胆とは何なのか?
そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

第6話「真犯人からの招待状」

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!
それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

第7話「運命の事件当日」

田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。音臼小事件まであと二日。心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。
みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。
そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する! 家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

第8話「事件を止めろ! 黒幕出現!?」

大量毒殺事件当日、田村心(竹内涼真)は父・文吾(鈴木亮平)と共にお楽しみ会に現れた犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)の行動を監視する。食事に毒が入れられることを阻止しなければ、多くの死者が出て文吾は殺人犯になってしまう。
心と文吾はみきおに翻弄され続け、ついに事件が起きた昼食の時間を迎えてしまう。食事の中に毒が混入しているかもしれない最悪の状況の中、心は事件を阻止するため驚くべき行動に出る!
また、村では同時に新たな事件が進行していた! 和子(榮倉奈々)と子供達の身に危険が迫る! そして、みきおの他に“もう一人の真犯人”がいることが分かる!
ついに犯人の本当の狙いが明らかになっていく…!

第9話「真犯人の最終計画始動! 姿を消した父」

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。
文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。
追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?
そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

第10話/最終回「過去を変えろ! 黒幕との最後の対決」

駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木亮平)。しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。「俺が犯人だ」。心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。
大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?
そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか……?

テセウスの船 キャスト一覧

役名 キャスト名
田村心(たむら しん) 竹内涼真
田村和子(たむら かずこ) 榮倉奈々
木村みきお(きむら みきお) 安藤政信
村田藍(むらた あい) / 田村鈴(たむら すず) 貫地谷しほり
松尾紀子(まつお のりこ) 芦名星
長谷川翼(はせがわ つばさ) 竜星涼
田中正志(たなか まさし) せいや(霜降り明星)
徳本卓也(とくもと たくや) 今野浩喜
佐野鈴(さの すず) 白鳥玉季
佐野 慎吾(さの しんご) 番家天嵩
加藤みきお 柴崎楓雅
田村由紀(たむら ゆき) 上野樹里(特別出演)
金丸茂雄(かねまる しげお) ユースケ・サンタマリア
井沢健次(いざわ けんじ) 六平直政
石坂秀夫(いしざか ひでお) 笹野高史
木村さつき(きむら さつき) 麻生祐未
佐野文吾(さの ぶんご) 鈴木亮平
田中義男(たなか よしお) 仲本工事(ザ・ドリフターズ)

 

テセウスの船 公式ツイッター

【サスペンスドラマ紹介】テセウスの船を見た人におすすめ作品

■ 死役所

自殺、他殺、病死、事故死など様々な亡くなりかたをした人達が集まるのが死役所なんです。そこで働く職員シ村を演じるのがTOKIOの松岡昌宏なんですが、感情を一切出さずに無の境地といった人物を上手く表現しているなと感じました。このドラマは予想以上に亡くなるまでの経緯というのが深いストーリーになっています。そして辛く悲しく考えさせられる状況というので胸が痛くなるレベルのものもありました。第4話での最初で最後のデートになってしまった14歳の女の子の死も辛いものがありました。死役所職員のハヤシの辛すぎる出生の秘密というのも是非見てもらいたいです。それを知ったことでハヤシの人生が狂ってしまうという悲劇的なストーリーでした。

■ ダブルフェイス

このドラマは、西島秀俊・香川照之のダブル主演で制作された、前後編構成のドラマです。西島秀俊はヤクザの世界に潜入する潜入捜査官を、香川照之はエリート警察官でありながらヤクザに情報を流すスパイを演じており、前編が「潜入捜査編」として西島秀俊視点で、後編が「偽装警察編」として香川照之視点で描かれています。この対照的な二人の構図が最大の見どころです。どちらとも、長きに渡り「本業の為に」「本業とは真逆の世界に」入りびたる羽目に陥っているので、立場は真逆のはずなのに、「自分は刑事なのか?ヤクザなのか?」という共通の苦悩を抱えています。その心理描写が真に迫るものがあり、観ていて世界観にグッと飲み込まれてしまうようなドラマです。

■ スイッチ

「連続突き飛ばし事件」をめぐって、検事である駒月直と敏腕弁護士蔦谷円が対決する物語ですが、なんとこの二人が学生時代の元恋人、というのが面白いところです。別れて何年もたつのに、時々「お互いの恋人を紹介しあうイベント」を持っているという微妙な関係。再び付き合うわけじゃないけれど、でもお互いの新しい恋人は気になるし、ケチもつけたくなってしまう、というのは、未練があるからなのか…阿部サダヲがこの検事を演じ、松たか子が円を演じていますが、この二人のたたみかけるようなセリフ回しが本当に楽しかったです。そんな二人の姿を笑いながらも、だんだんと関係が変わっていく様子に目が離せません。その一方で明らかになっていく「突き飛ばし事件」の真相も、サスペンス作品としてよくできていたと思います。

テセウスの船の感想、見どころ

30代女性
心がタイムスリップして出会う自分の過去の家族である佐野家の人々が本当に温かくて素敵な家族で、心が佐野文吾の無実を晴らしたいという気持ちにすっかり感情移入して観ていました。佐野家の人々の演技が子役の子たちも含めてみんなとても上手で家族のシーンでは毎回泣きました。
40代女性
犯人が追えそうで追えない、ポンコツシンさんが魅力(笑)あれだけ困った顔の竹内涼真さんは二度と見れないだろうな。タイムスリップという最強の技を持っていながら当時の人同様翻弄されるってどんだけよ。だけどかわいいから許す!
50代女性
心は生まれてからずっと殺人犯の子供として生きて来て妻の遺言と共に事件を調べ出すという壮大なストーリーに驚かされました。平成元年に戻った心が目にする自分の家族が幸せだと確信し、父の冤罪を晴らそうと悪戦苦闘する姿が格好良かったです。
30代女性
ミステリーのドキドキもあり、純粋な家族愛もテーマにされているとても深いストーリーでした。何があっても家族を愛し続け信じ続けるという、本来あるべき家族の形に心を打たれました。犯人は最後の最後まで予想するのが難しく、自分で推理する楽しみもあったので最終回までずっとワクワクが続きました。
20代女性
すごく見応えがあるドラマでした。ストーリーも結末の予想がつかず、すごく面白かったけれども、なによりもキャストの方々が素晴らしかったです。特に鈴木亮平さんの演技がもうさすがという感じで、のめり込んでしまいました。

▼Paraviの公式サイトはコチラ▼