絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴

フジテレビ、2020年1月期放送ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の見逃し配信フル動画を無料で見る方法や出演者情報などについてご紹介します。

このページでは、最新話のあらすじ、予告動画を随時更新しており、まとめてチェックが可能です!

要点まとめ
  1. ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』を見逃しフル視聴を無料で見るならFODプレミアム!
  2. 2週間無料トライアルを体験するには?
  3. ドラマ情報詳細、あらすじ、出演キャスト一覧
  4. 他ドラマ情報一覧

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の見逃し動画を無料で見る方法

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~を第1話から全話を視聴するにはVOD配信サービスFODプレミアムで無料視聴して楽しむことができます。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~の見逃し動画を無料で見るならFODプレミアム!

調査してみたところ、絶対零度~未然犯罪潜入捜査~はFODにて独占配信中のため他VOD配信サービスでの配信はありませんでした。

下記、各動画サービス配信情報です。

動画配信サービス 見逃し配信
FODプレミアム
見放題視聴
Hulu ×
Paravi ×
U-NEXT ×
Amazon Prime video ×
dTV ×
 AMEBA ×

 

FODプレミアムとは?(料金、無料期間など)

  • 初回限定の14日間無料期間
  • 最新から80年代の名作人気ドラマまで配信
  • 100冊子以上、雑誌読み放題
  • 個別課金作品に使えるポイントが最大1300円プレゼント
 無料期間 14日間(2週間)
無料期間中の解約 可能
月額料金 977円(税込)
ダウンロード機能 ×
個別課金作品
雑誌読み放題
マンガ読み放題 △一部無料作品あり

FODで配信中のドラマ作品(一部)

下記の作品は全話見放題で視聴可能です。

  • Dr.コトー診療所
  • チーム・バチスタの栄光
  • 医龍 Team Medical Dragon
  • 最後から二番目の恋
  • ラスト・シンデレラ
  • アンフェア
  • BOSS
  • ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~
  • 踊る大捜査線
  • ナースのお仕事
  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
  • ストロベリーナイト
  • デート~恋とはどんなものかしら~
  • SUITS/スーツ

配信雑誌一覧

配信雑誌一覧

FRIDAY、FLASH、SPA!、週刊ザテレビジョン、週プレ、週刊アサヒ芸能、週刊現代、週刊ポスト、女性自身、女性セブン、MORE、CanCam、BAILA、non‐no、Oggi、Domani、Precious、美的、MAQUIA、Ray、CLASSY.、週刊Gallop、LEE、LDK、MONOQLO、週刊ダイヤモンド、週刊朝日、サンデー毎日、DIME、Seventeen、MEN’S NON-NO、Tarzan(ターザン)、ESSE、ELLE JAPON エル・ジャポン、Begin、週刊東洋経済、Hanako (ハナコ)、Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ)、AERA、Mart、家電批評、ダイヤモンドZAi、将棋世界、GetNavi、デジモノステーション、Pen、オズマガジンプラス、週刊ベースボール、おとなの週末、食楽、UOMO、東京カレンダー、メンズクラブ、週刊エコノミスト、Mac Fan、GoodsPress、SPUR、MEN’S EX、buono、flick!、SAPIO、ニューズウィーク日本版、BE-PAL、サライ、週刊プロレス、エル・グルメ、VOGUE JAPAN、ELLE DECOR、オズマガジン、料理通信、パチンコ必勝本CLIMAX、ランドネパチスロ必勝本、ムー、GO OUT、F1速報、Mr.Babe Magazine、Como、GQ JAPAN、フィガロジャポン、サッカーダイジェスト、男の隠れ家、WIRED、アルバトロス・ビュー、Lightning、CAPA、ワールドサッカーダイジェスト、Discover Japan、GOLF TODAY、PEAKS、住まいの設計、EVEN、つり情報、RIDERS CLUB、COURRiER Japon [電子書籍パッケージ版]、ワイン王国、BICYCLE CLUB、FLASHスペシャル グラビアBEST、つり人、ビール王国、スマッシュ、サーフトリップジャーナル

FOD無料登録方法・解約方法

FODの無料トライアルの登録方法の手順は下記のステップで進めてください。
Amazonのログインが途中で必要なため、Amazonでの登録を先に済ませておきましょう。

■登録方法(画像付き)

STEP1STEP2STEP3STEP4

FODプレミアムの公式HPヘアクセス。

『Amazon Pay』の決済方法を選択

Amazonアカウントでログイン

「確認画面へ進む」ボタンを押し、登録完了

■解約方法

解約は公式HPで解約します。ログアウトやアプリでの削除だけでは解約はできません。

STEP1STEP2STEP3

マイメニューを開く

 

月額コースの確認・解約を選択

解約ボタンをクリックし完了

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~あらすじ・予告動画

フジテレビでは、2020年1月クールの月9ドラマとして、あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の活躍を描く刑事ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(前作と同一タイトル)をお送りします。

前作『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、2018年7月クールの月9ドラマとして放送され、平均視聴率10.6%を獲得。『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(2017年7月クール)以来となる平均二けた超えの高視聴率を記録しました。以降、月9ドラマは前クールの『監察医 朝顔』まで5作連続で平均視聴率10%以上を獲得しており(『SUITS/スーツ』<2018年10月クール>10.8%、『トレース~科捜研の男~』<2019年1月クール>10.7%、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』<2019年4月クール>12.1%、『監察医 朝顔』<2019年7月クール>12.6%)、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』はまさに月9ドラマ復活の嚆矢となった作品です。さらに今年4月には、国際メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」のエンターテインメント・ドラマ部門で銅賞を受賞。国際的にも高い評価を受けた『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』が今冬、スケールアップして帰って来ます。

公式ページより

各話のあらすじ(第1話から最終回・特別編)

第1話「殺人を未然に止めろ!!大乱闘の豪華客船への潜入は新たな捜査の始まり」

AIが統計学的に割り出した未来の犯罪者を、潜入・追跡捜査して犯罪を未然に防ぐ未然犯罪捜査対策準備室・通称『ミハン』。この特命班のリーダーを務める井沢範人(沢村一樹)は、元公安のエリート刑事だが、ミハンシステムによるテストケース『0号』の冤罪(えんざい)事件が原因で、妻と娘を無残に殺された過去を持つ。普段は物腰も柔らかいが、その裏側には刑事としての一線を越えてしまいそうな凶暴性も内包しており、警察上層部からも危険視されていた。
井沢は、ミハンが割り出した麻薬組織同士の争いを抑止するため、メンバーの山内徹(横山裕)や小田切唯(本田翼)らとともに、東京と香港を結ぶクルーズ船に潜入。新たに加わった伝説のハッカー・加賀美聡介(柄本明)の支援もあり、事前に犯行を防ぐことに成功する。
別の日、井沢は、山内や小田切、新メンバーのキャリア・吉岡拓海(森永悠希)とともに、ミハンの新たな拠点となる施設に集まる。そこは、移転が決まっている公営卸売市場の地下だ。そこで井沢たちを待っていたのは、ふたりの法務省官僚――北見俊哉(上杉柊平)と、自らミハンの統括責任者を志願した香坂朱里(水野美紀)だった。
香坂は、皆の前で井沢の過去とその危険性に言及し、改めて人員の見直しをするとしながらも、さっそく捜査の指示を出す。それは、ミハンが同時に2人の危険人物を探知するという、初めてのケースだった。

第2話「捜査中に少女誘拐!命のタイムリミット」

井沢(沢村一樹)は、保釈後に行方不明となり、遺体となって発見された元警察庁次長・町田(中村育二)の件で、警視庁捜査一課の早川(マギー)から事情聴取を受ける。すると井沢は、マジックミラー越しに見ていた香坂(水野美紀)に、腹を割って話そうと持ち掛ける。香坂と対峙(たいじ)した井沢は、妻と娘を殺した凶器のナイフが1カ月ほど前に送り付けられてきたことを切り出し、その犯人とされて服役中の宇佐美(奥野瑛太)に香坂が面会に行った理由を問いただそうとする。
一方、山内(横山裕)に井沢の監視を命じていた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、町田の死を表向きは自殺として発表すると同時に、山内に井沢から目を離さないよう改めてくぎをさす。
そんな折、ミハンが新たな危険人物を割り出す。ターゲットは、近所に住む女子高生の時田明日香(竹内愛紗)をストーキングしている無職の男・馬場智樹(影山徹)だ。だが馬場は、意図的にストーカー規制法に抵触しない程度に付きまとっているようなふしがあった。そして馬場は、ギャンブルで作った借金のせいで闇金からも追われていた。単純なストーカーではない犯罪。一方、優等生だった明日香も、ここ最近、何故か学校をさぼっていた。
井沢たちは潜入捜査を始めるが、捜査中、何者かに明日香が誘拐される。少女拉致誘拐事件の背後に見えてくる驚くべき真実。24時間以内に少女を救い出すため、ミハンが動く!

第3話「バレエ界の新星が殺人!?失った記憶と殺意の行方!?」
ミハンが新たな危険人物を割り出す。それは、名門バレエ団に所属する日本バレエ界のホープ・八尋舞(山口まゆ)だった。舞は、ネットを利用して致死量のヒ素を入手しており、毒物による殺人を扱ったサイトを何度も閲覧していた。山内(横山裕)は、舞が1週間後に開催される世界的なコンクールにエントリーしていることにも注目する。舞は、ライバルである英才教育を受けてきた同じバレエ団の瀬川綾乃(我如古りな)を狙っているのか?
井沢(沢村一樹)たちは、潜入捜査を進めると同時に、舞の部屋に監視カメラを設置した。ところがその矢先、重傷者も出た資材落下事故を目撃した舞が、意識を失って病院に搬送される。しかも舞は、そのショックで記憶を失う。特に、難病で入院中の親友・安達智花(古川琴音)のことを覚えていないことがわかって――。記憶を失ってから、最近のスランプがうそのように、調子を取り戻す舞。舞は記憶と一緒に殺意まで失ったのか?井沢たちは、初めての事態に舞の動向を注視するが・・・。
小田切(本田翼)は、潜入中にグループセラピーで出会った篠田浩輝(高杉真宙)に再会する。篠田に本当の名前を聞かれて――。
第4話「命を救う相談員が殺人!?被害者と加害者2つの家族」
井沢(沢村一樹)たちのもとへやってきた香坂(水野美紀)は、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を指示する。その人物とは、自殺を考えている人たちの相談に乗っているNPO法人に在籍する“いのちの相談員”杉原佳代(木野花)だ。佳代は、失踪に見せかける方法について調べていたほか、スタンガンも購入していた。そしてもうひとつ、佳代には気になる過去があった。彼女は、10年前に起きた『大森山無差別殺傷事件』の被害者家族でもあったのだ。
井沢は、山内(横山裕)とともに佳代が在籍するNPO法人を手伝うスタッフとして潜入する。一方、小田切(本田翼)と吉岡(森永悠希)は、駆け落ち同然で上京したカップルに扮(ふん)し、佳代のシェアハウスを訪れていた。
ほどなく、佳代のシェアハウスで長い間暮らしていた保育士の佐藤奈々(木竜麻生)が、佳代ともめて3カ月ほど前に部屋を出ていったことが明らかになる。実は奈々は、無差別殺傷事件の犯人の妹だったことがわかる。被害者家族と加害者家族という関係だった佳代と奈々。佳代は加害者家族に復讐(ふくしゅう)しようとしているのか?
そして、普段はクールな香坂が、この事件に対してはなぜか積極的で、自ら捜査に乗り出すことに――。井沢たちは不思議に思うが・・・。
第5話「天才医師を殺害!?狙われた総理と犯人にされた男!!」
井沢(沢村一樹)たちのもとに、代議士の児島祐三(信太昌之)や警視庁、法務省の上層部が視察にやってくる。案内役の香坂(水野美紀)は、ミハンのこれまでの業績をアピールするとともに、現在、危険人物として、大学病院の医師・真田雄大(猪征大)を捜査中だと報告する。
真田は、サバイバルナイフを購入しているほか、ネットに匿名で「スーパードクター」と呼ばれる同じ大学病院の外科医・益子博文(近江谷太朗)への恨みを書き込んでいた。真田は、大学病院を追い出され、来月には離島に赴任するのだという。
病院に潜入捜査中の山内(横山裕)や小田切(本田翼)は、真田と益子をマークしていた。しかし、不測の事態が起こり、不審な男を追跡している間に、益子がナイフで刺され、そのそばには真田が立っていた――。ミハンが捜査中に起こった殺人未遂事件。何かがおかしい。真田は犯人に仕立て上げられた――!?益子の緊急オペが続く中、捜査一課の早川(マギー)は、重要参考人として真田に任意同行を求める。
視察中だった代議士たちの前でのミハンの失態。曽根崎(浜田学)から圧力をかけられる中、真田の無実を証明すべくミハンが動く。井沢や加賀美(柄本明)は、ミハンのデータがねつ造されているとにらみ、医療関係の情報を扱う情報機関を訪れる。そこで井沢たちを待っていたのは、かつてのミハンの統括責任者・東堂定春(伊藤淳史)だった・・・。
第6話「猟奇殺人の犯人は天才高校生!!愛が生んだ完全犯罪」
井沢(沢村一樹)は、香坂(水野美紀)に命じられて心療内科を受診する。そこでスポーツカメラマンの篠田(高杉真宙)に出会った井沢は、彼が小田切(本田翼)に好意を抱いていることを知る。
あくる日、吉岡(森永悠希)は、ミハンルームにやってきた井沢に、捜査から外れたいと申し出る。休みがほしいのだという。するとそこに、香坂が曽根崎(浜田学)や早川(マギー)、門田(粗品)を連れてやってくる。曽根崎は、生放送のワイドショー番組をモニターに映すよう指示。放送されていたのは、進学校のエリート高校生が、26歳の主婦・松永由貴(足立梨花)を殺害し、遺体をバラバラにして処分したという衝撃的な事件だった。なぜこの事件を未然に防ぐことができなかったのか、と切り出す曽根崎。事件を起こした17歳の少年・浅井航(清水尋也)は、猟奇犯罪を調べた履歴があり、ホームセンターで複数の刃物を購入していたにもかかわらず、ミハンに探知されていなかった。曽根崎は、ミハンが捜査員からのフィードバックで学習することに触れ、問題解決には人員の見直しが必要だと、リーダーの井沢を追及する姿勢を見せる。
曽根崎たちが去った後、香坂は今回の事件をミハンで調べ直すと告げる。ミハンが初めて挑む“起きてしまった”事件の捜査。井沢は吉岡とともに精神科医に扮(ふん)して航と面会する。一方、山内(横山裕)は小田切とともに、航が通う高校を訪れるが・・・。
第7話「最恐悪女は社長夫人!?その毒牙の標的は!?」
井沢(沢村一樹)たちは、ミハンが割り出した新たな危険人物の捜査を始める。その人物とは、大手フィットネスクラブの社長・仁科紗耶香(佐藤江梨子)だ。紗耶香は、5年前に起きた強盗殺人事件で社長だった夫の輝幸(青戸昭憲)を殺され、自身も瀕死の重傷を負った被害者だった。輝幸の死後、会社を引き継いだ紗耶香は、着実に業績を伸ばして経営者としての才能を発揮していたが、短時間で毒性が消えてしまうため検出されない危険な毒物を密かに入手していた。
井沢は、スポーツインストラクターとして紗耶香に接触。山内(横山裕)と小田切(本田翼)も、ジムの会員となって潜入捜査を始める。最初に捜査線上に浮かんだのは、紗耶香の会社が所有するウインタースポーツの実業団チームでコーチを務める辰巳(阿部亮平)だ。辰巳は、紗耶香を脅迫し、金銭を要求していた。一方、山内たちは、紗耶香の秘書・江波(本宮泰風)が格闘技経験者であることを見抜く。加賀美(柄本明)によれば、江波はかつて興信所で働いていた人間らしい。
井沢たちが辰巳の調査を続けていた最中、新たな人物が紗耶香に接触する。それは科学捜査研究所の主任研究員・真鍋(宮川一朗太)だった。真鍋は、どんな手間も惜しまずに被害者のために真実を追究する人物で、これまでに数々の難事件を解決に導いていた。そして彼は、輝幸と紗耶香が襲われた5年前の事件も担当していたことがわかり・・・。
第8話「いよいよ最終章!!悪を処刑する仕置き人!!」

ミハンが探知していたものの、捜査できていなかった3人の危険人物が失踪していた。地権者から土地をだまし取り、殺害しようとしていた不動産詐欺師、借金を返せない相手に保険金をかけて殺そうとしたSNS闇金の経営者、水上バイクで女性をひき殺した事故をもみ消したうえ目撃者の命まで狙った政治家の息子。
井沢(沢村一樹)たちの元へやってきた公安部部長の曽根崎(浜田学)は、かつて、法で裁けない犯罪者を闇に葬っていたミハン捜査員の田村薫巡査部長の話を持ち出し、その役目が引き継がれていると指摘する。実は、井沢たちが逮捕することが出来なかった大手フィットネスクラブ社長の仁科紗耶香(佐藤江梨子)も失踪していた。凶悪犯が拉致され、殺害されている!?ミハンメンバーの誰かが一連の連続失踪事件に関わっているのか。まるで井沢が犯人だと言わんばかりの口ぶりで話す曽根崎。それに対して香坂(水野美紀)は、ミハンメンバーの中に殺人者がいないことを証明するために真相を突き止める、と宣言する。
3件の失踪者を調べると、彼らが拉致されたと思われる場所には、いずれも防犯カメラがなかった。だがミハンは、ドライブレコーダーなど足を使った捜査で、犯人と思しき人間が映った画像を入手する。その画像とミハンメンバーを歩容認証で照合してみる。浮かび上がる意外な人物。犯人はいったい誰なのか!?そして、物語は未来の謎へと繋がっていく。

第9話「最終章!ついに訪れる香坂の死!黒幕は誰!?」
東京サミットを狙った爆弾テロの可能性が浮上する中、香坂(水野美紀)が突然姿を消した。井沢(沢村一樹)は、香坂の端末に、テロに関するデータが残されていることを知る。だが、山内(横山裕)らは、ミハンの法制化を願っていた香坂がテロに関わっていることなど信じられるはずもなかった。
井沢は、香坂の過去―26年前に映画館で神経ガスを撒いて多くの死傷者を出した男が香坂の父親であること、事件の数年前に両親が離婚し、香坂は法務省の官僚と再婚した母親に引き取られたことを山内たちに打ち明ける。実は香坂には弟がいたが、父親の凶行に巻き込まれていた。その際、香坂の弟は奇跡的に一命をとりとめたものの、激しいバッシングに絶望し自殺していた。弟への贖罪(しょくざい)と、殺人者の娘という十字架を背負って生きてきた香坂がテロを起こすはずがない。しかし、なぜ香坂はミハンを頼らず、1人で行ってしまったのか―!?
そのとき加賀美(柄本明)は、香坂がミハンで何かを調べていた形跡を見つける。そこには、海外の紛争地帯を渡り歩いてきた元傭兵の里谷隆一(高岩成二)らテロ実行部隊と思われる男たちの情報があった。一方、警視庁の捜査員たちは、テロリストの潜伏先候補を徹底的に調べていた。そんな中、井沢は、里谷が公安のトップしかその存在を知らない「マルトク」と呼ばれる協力者であったことを掴み、曽根崎(浜田学)のもとへと向かう・・・。
第10話「ミハンが解体の危機!?遂に真犯人が明らかに!!」

東京サミットを狙ったテロは未然に防がれた。だがその最中、テロに関与していると思われた香坂(水野美紀)が射殺される。銃声を聞いて駆けつけたSATは、拳銃を持って香坂の遺体の前に佇む井沢(沢村一樹)を拘束しようした。井沢は、SATや駆けつけた山内(横山裕)を倒し、立ち去ろうとする。そんな井沢に銃を向け、撃つ山内――。
取り調べを受けた曽根崎(浜田学)は、テロへの関与を完全に否定した。一方、警視庁の上層部は、すべての責任を死亡した香坂に押し付け、ミハンも解体の危機に――。ミハンルームにガサ入れが入り、取り調べを受ける面々。
そんな矢先、小田切(本田翼)の交際相手・篠田(高杉真宙)が何者かに撃たれるという事件が起きる。小田切は、篠田が自分を撮影した写真を見て、同じ人物が映り込んでいることに気づく。それは今回のテロに関わっていたクラッカーの諏訪樹生(松尾諭)だった。篠田は、ミハンに関わったから事件に巻き込まれたのか――!?責任を感じる小田切。

香坂の死を無駄にしないため、真犯人を捕まえるため、立ち上がるミハンチーム。
そんな中、香坂が殺されたことで、加賀美(柄本明)がようやく重たい口を開き始める。
26年前に起きた映画館の毒ガス事件で救った1人の少年の話を――。
それぞれに想いを抱えながら、真犯人を突き止めるためミハンチームが動き始める。その先には何が待っているのか!?ついにクライマックスへ――。

第11話/最終回「ついにシリーズ完結 罪なき世界を信じて」

井沢(沢村一樹)たちは、テロ計画の黒幕と思われた水島歩の正体が篠田(高杉真宙)だったことに気づく。そのとき、ミハンが加賀美(柄本明)を危険人物として検知した。26年前、映画館で起きた神経ガステロの際に、犯人の息子である歩を救った加賀美は、彼にミハンのことを話していた。加害者家族ゆえに激しいバッシングに遭いながら生きてきた歩は、ミハンに強くひかれ、この世から犯罪をなくしたいという思いに囚われて暴走したのだ。加賀美がミハンに志願したのも、そんな歩を自らの手で葬るためだった。加賀美は、拳銃を手に、篠田が入院している病院へと向かっていた。井沢と吉岡(森永悠希)が、加賀美を止めるために駆けつけるが・・・。

山内(横山裕)は、クラッカーの諏訪(松尾諭)が刺殺されていた篠田のアジトで捜査一課の早川(マギー)らと合流する。そこで早川は、諏訪が篠田を拳銃で撃ったものの反撃にあって刺殺されたこと、そして小田切(本田翼)の骨伝導ベルトに精巧な盗聴器が仕掛けられていたことを山内に告げる。無線で香坂(水野美紀)を呼び出し、射殺したのも篠田だった。

そんな折、ミハンが篠田を危険人物として探知する。篠田は、元傭兵の里谷(高岩成二)と行動を共にしていた。篠田がまだ爆弾を所持していることを知った井沢たちは、すべてを終わらせるために動き出す。井沢と篠田が対峙(たいじ)したとき、一体何が起こるのか!?

AFTERSTORY「あれから一年、新たなる旅立ち」

あれから1年後――未然犯罪防止法案が成立する。
だが、犯罪抑止への期待が寄せられる一方で、個人情報の取り扱い方や監視社会を危惧する声も上がっていた。
そんな中、警視庁では、未然犯罪捜査課の任命式の準備が進められていた。山内(横山裕)は、所轄の会計課にいる小田切(本田翼)を訪ねミハンに誘うが、小田切の決意は固く・・・。

一方、井沢(沢村一樹)をリーダーとして活動している未然犯罪捜査対策準備室は、新たな危険人物・桐島直久を探知した。彼は、退官した元陸上自衛隊員で、狙撃の名手。そんな人間がいったい誰を狙っているのか――。

井沢は、防犯カメラで桐島の姿が確認された付近のオープンカフェにいた。すると突然、店内に銃弾が撃ち込まれる。そして、店内のテーブルに置かれていたノートPCから「命令に従わなければ殺す」という音声が流れた。犯人は、隣のビルから井沢を狙っているのだ――。そして、井沢にインタビューをしたいと言い出す。その目的は、ミハンの真実を暴くことだった――。

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~キャスト一覧

役名 キャスト名
井沢範人(いざわ のりと) 沢村一樹
山内徹(やまうち とおる) 横山裕
小田切唯(おだぎり ゆい) 本田翼
吉岡拓海(よしおか たくみ) 森永悠希
北見俊哉(きたみ としや) 上杉柊平
早川誠二(はやかわ せいじ) マギー
門田駿(かどた しゅん) 粗品(霜降り明星)
香坂朱里(こうさか あかり) 水野美紀
加賀美聡介(かがみ そうすけ) 柄本明
絶対零度~未然犯罪潜入捜査〜公式ツイッター

【サスペンスドラマ紹介】絶対零度~未然犯罪潜入捜査~を見た人におすすめ作品

■ ST 赤と白の捜査ファイル

刑事ドラマといえば、「優秀だけど変わり者」な刑事がつきものです。しかし、それにしたって、このドラマには変わり者刑事が多い。警視庁科学特別捜査班・通称「ST」は、リーダー格・赤城をはじめ、全員が全員、非常に癖が強い変人ぞろいなのです。それでも、刑事ドラマの王道にのっとり、全員突出した優秀さも兼ね備えている点が、この作品の魅力であり見どころです。しかし、変わり者のメンツを率いるのは至難の業。STにおいて「一般人代表」ともいえるキャップ・百合根の苦労、苦難、奮闘っぷりもまた、このドラマの見どころでもあります。STメンバーの名前が、全員「色」にちなんでいる点が取っつきやすく、世界観に入っていきやすいドラマです。

■ ニッポンノワール-刑事Yの反乱-

主人公の刑事が目を覚ましたら目の前に自分の上司の女刑事が死んでおり、自分の手には拳銃が握られているという、とんでもない状況から始まり、そこがまず衝撃的でしょう。そういった状況であったため、主人公は殺人事件の容疑者として追われることになるものの、主人公にはここ数か月の記憶がなくなっていました。だから、自分が犯人ではないと主人公自身も断言できなかったのです。この殺人事件の犯人は誰なのか?主人公が本当に殺していたのか?というのがまずみどころではありますが、このドラマではそれとは別に警察内部に存在する極秘計画に関しても焦点が当てられていきます。この極秘プロジェクトの内容、そして警察組織の内部に潜む闇に関して特にみどころに感じられるはずです。

■ BOSS

特別対策室としてはみ出し者が集まった部署を率いる女性警察官が一芸に秀でているが組織のはみ出し者達を上手く使い事件を解決していくドラマです。主人公である女性も癖があり、一筋縄ではいかない設定なのでまさに毒をもって毒を制す、といった面子で構成されていました。
それぞれが個性的が立っていてキャラ立ちしていた所も魅力的でしたが、なにより「刑事は演技が出来てなんぼ」と言い切る主人公による逆転劇が痛快でした。
選ばれた面子は能力はあっても組織に容易く馴染む事は出来ず、それぞれ問題を抱えていましたが、それでも能力さえあれば気にしないと言わんばかりに突き進む主人公とそれに振り回されながらも、自身をきちんと見てくれる上司に心を開いていき、最後には一丸となって事件解決に望む、ありきたりと言えばありきたりですが、何度見ても感動する最終回だったと思います。
それぞれの人達の生き方が生き生きとして面白かったと思います。